2009年11月20日

お酢は、人間とは長いお付き合い

10月から11月は、エコ活動でラジオの収録が3回ありました。
他にもイベントや雑用があり、ちょっと忙しかったかなあ!?

10月5日の放送分では、お酢の話題を取り上げています。



お酢は紀元前5000年前ごろのパビロニアの記録にすでにあらわれているという、
人間とは長いお付き合いの調味料だそうです。
日本には4世紀ごろに中国から伝わったとされているようです。

エコ3.jpg

お酢を長い間ほったらかしにしておくと、酢になるらしいですよ。
アルコールの一種であるエタノールが酢酸菌に酸化されて酢酸、酢になるそうです。

温度管理がうまくできなかった昔は、お酢をつくるつもりが、
お酢になったということもあったようです。・・・

と言う感じで、エコ活動の先輩にリードされてラジオチームお手伝いしてます。
みんなボランティア活動が長いですから、感心させられることが多々ありますよ。

環境市民ではボランティアのメンバーを募集しています。
興味のある方は、是非私に、ご連絡下さい。

今日はエコ活動のお話でした。
では、またお会いしましょう。
posted by エミ先生 at 01:50| 京都 ☀| Comment(0) | エコ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。