2010年04月11日

メダルテスト

今日は京都四条御前のラポールで、京都ダンス教師協会のメダルテストがありました。

銅.jpg

モダン高等科の受験風景の写真です。午前中はモダンの試験でした。

清沢.jpg

終わった後は、清沢検定員のモダンの簡単な講評がありました。
受験者の方々はちょっと緊張した様子の写真です。

その後は、受験者へのインタビューもあり和やかな雰囲気でした。
清沢検定員から「受験をもっと楽しんで下さい。」ということでした。

検定員.jpg

一番左は、音楽係、2番目は司会で、右端はコメンテイターの写真です。
中央の女性4人は、検定員で、空いてる席に私も座ります。

練習風景.jpg

昼からはメダルテスト、ラテンの部でした。
これは、試験前の練習風景の写真です。

吉松ー金.jpg

ラテン高等科ゴールド級で、小学生が、ルンバを踊っている写真です。

メダルテストの最終が高等科ゴールド級で、5種目を踊ります。
種目は、ルンバ、チャチャチャ、パソドブレ、サンバ、ジャイブです。

受験生は、小学生ですが、大変リズム感も抜群で吉松先生と息もピッタリでした。
難しいステップでもスムーズに踊りこなしていました。

吉松先生が「教師一番年長者と一番若い生徒が踊るのよ。」
と冗談で、言ってましたが、・・・本当かもです!?

(素晴らしい踊りをした二人に拍手)

照子.jpg

ラテンの試験が終わり佐々木照子検定員が講評をしている写真です。

ステップの回転量は、しっかりと自分の先生に教えてもらって下さい。
ということでした。悪い箇所を指摘してアドバイスしていました。

ダンスを習う場合は、目標を持って練習するとレベルアップできるのだけでなく、
ダンスを理解しながら楽しめるので、更にダンスの良さが理解できると思います。

   1.競技会出場
   2.メダルテスト
   3.デモンストレーション
   4.パーティデビュー

それぞれ目標に向かってダンスを楽しみましょう!
では、またね〜!



posted by エミ先生 at 19:50| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。