2010年11月14日

京都ダンス教師協会メダルテスト

11月14日(日)は京都ダンス教師協会主催のメダルテストがありました。
私もテストの検定員で参加しました。

11-14エミ2.jpg 

大好きな豹柄の服を着て検定員で参加した私の写真です。

この日は、JPダンス競技会と重なっていたので
いつもは5人の検定員が審査するのですが、特別に4人で審査しました。

コメンテイター東.jpg  

コメンテイターの東耀子先生の写真です。

研修生.jpg

 検定員研修生の河合賢治先生と若宮敏孝先生の写真です。

古谷.jpg

音楽係の古谷丈二先生の写真です。

モダン.jpg

スタンダードの練習風景の写真です。

クイックの練習風景を映像でご覧下さい。



スタンダードのテストが終わった後は検定員の中村衣壬子先生より
受験生に講評がありました。

M.jpg

中央が中村衣壬子検定員でスタンダード受験生の写真です。

女性もしっかりとシャドーで練習すると他の所を意識して綺麗に踊れるので
シャドーすることはとても大事ですという内容でした。

ラテン.jpg

ラテンの練習風景の写真です。

では、映像でジャイブの練習風景をご覧下さい。



ラテンのテストの後は山本恭太検定員より講評がありました。

L講評山本.jpg

中央が山本恭太検定員とラテンの受験生の写真です。

種目ごとの特徴の説明でしたが、ラテンは特殊なステップを除いて
ヘッドは床に対して垂直である。という説明でした。

1年に2回メダルテストがありますので、更に勉強したい方は
是非目標にして参加してみて下さい。

一番最初の種目はルンバとブルースなので誰でも参加しやすくなっています。
いつでも申し込み受付中です。

では、またね〜!
posted by エミ先生 at 23:33| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。